スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2015年04月14日

凛太郎の場合

ハクと一緒に暮らし始めて5年がたったのですが、彼は拾ってもらったというか、そういう恩義みたいなものを感じ続けてくれているような気もしないではありません。忘れてくれていいんですけどね。
その割には「おいで」は聞いてはくれません^^;
あたりの気配を伺っていたり、トカゲの狩り中は無視されます。

こういう時に「ちっ」と舌打ちをすると、それは聞き逃さないようで、しぶしぶ歩みも遅く「おいで」に応えます。

犬は5分前のことは忘れると言う人もいますが、凛太郎の場合は「後でお菓子あげる」と言うと1時間位は忘れません。

飼い主が忘れていると注意喚起さえします。

凛太郎の方は、雨の日、晴れの日にかかわらず、よく眠るようになってきました。
年齢のせいのようです。

凛太郎の実父も2年ほど前からよく寝るようになってきたという話を聞いていますし、耳も不自由になってきているそうです。

犬の老いをこれから見ていくことになるのでしょうけど、老いを元気で見つめられるように犬の健康も自分の健康にも気を配らなければと少し思うようになってきました。  


Posted by libaby at 15:21Comments(0)life

2014年05月12日

惦記裏子發黃悲傷

kgienk245gew 第二年,她考上了鎮上的初中。怕她冷,男人把家裏僅有的兩床被子都裝進了蛇皮袋,要背到她學校。父親從學校走後,她都不好意思把被子拿出來。同寢室的女孩,被子要麼是緞面的,要麼和嶄新的床單是一個花色。只有她,被子上淨是破洞,裏子發黃,面上是大紅大綠。她心裏難受,既擔心父親從此以後要在家裏受凍,又寧願自己凍死也不想拿出這兩床奇醜的被子。但夜裏實在是冷,她把被子拿出來,裹在身上,嚶嚶地哭了。
  在班裏,她是一個永遠貼著牆根走的女孩。但是她一直是第一名,所以沒有人欺負她。但是沒有人知道,她渴望的,其實並不是老師念分數時同學們的驚呼,而是一床漂亮的、沒有異味的被子versace handbags sale
  初二的一天,父親忽然找到學校來。他身後跟了一對激動的夫妻。那個女人說:“一見到她我就覺得是……”兩人把她的臉摸了又摸,她看著局促不安的父親,忽然明白了。
  父親過來整了整她的衣服,悲傷地說:“不是爹不要你,這是你的親生父母,他們家條件好,你跟他們走,以後還可以上大學……”她茫然地看著這一切,那對夫婦要給她父親兩萬元錢,但被他拒絕了。她甚至還沒有來得及回一趟村裏,就被新爸爸媽媽帶走了。她從來沒有見過如此富麗堂皇的家,她有一個自己的房間,一張自己的床,床上是花色相同的床單和被套。她咬了咬自己的手指,並不是在做夢啊骨針
  她聽話地改口叫他們父母。在他們面前提起養父,她聰明地稱呼“王叔叔”。她的名字也改成了“李楚楚”。她被送到了市里最好的學校,她的房間有一個小陽臺,有自己的鋼琴和電腦。父母給她很多零用錢,她一點點把它們攢了起來。雖然她不願回到村子裏,但是她惦記著“王叔叔”,惦記著他在冬天,有沒有一床保暖的被子明星競猜

  


Posted by libaby at 16:57Comments(0)life

2014年05月02日

森の4gewe3g6edge生活

「森の4gewe3g6edge生活」を書いた米国の随筆家ソローは忘れがたい言葉を多く残した。たとえば、「ほんの一瞬でも、お互いの立場から世界を見ることができれば奇跡が起こるだろう」(『ソロー語録』岩政伸治編訳)。とかく自分の立場にこだわりがちな人間への、時代を超えたメッセージと読める Dating

東京で読んだ昨日の声欄に、「がれきの受け入れ、広げよう」という訴えがあった。投書者は福島出身で、神奈川に住む男性。放射性物質を不安がる声に理解を示しつつ、冷静な筆致で全国に「処分の受け入れ」を呼びかけてい

被災地の処理能力を超す大量のがれきは復興を妨げている。しかし放射能への懸念から、当初は手を挙げた自治体も、住民の抗議などでほとんどが撤回した

「絆」であふれる世の中の、これが一皮むいた姿かと嘆く声もある。しかし住民が、とりわけ子育て世代が不安を抱くのはもっともだ。事故このかた、行政や専門家が膨らませた不信感はあまりに大きい

支えあうことの意味を思いつつ、作家の落合恵子さんが創刊した原子力を考えるブックレットを開いた。創刊の辞にこうあった。「サブタイトルの『わが子からはじまる』は、そこから出発し、けれど血縁を越えて、という意味である」。冒頭のソローに通じるものをそれに感じる

被災者は歯を食いしばり、冬の寒さに耐えながら、復興に向けて頑張っていると投書は書いていた。共に歩くために何を分かち合えるのか。難しいことだが考え続けたい。  


Posted by libaby at 17:35Comments(0)life

2014年04月28日

柏林生機勃勃智能城市

柏林(Berlin)Loan

柏林也有許多成就。與智能城市緊密相關的一個概念是由著名研究家理查德·佛羅里達(Richard Florida)領導的創新階層作品。有證據表明,成功的未來城市應該能夠吸引和留住創新階層,他們可以通過創新和企業精神、通過支持生機勃勃的文化場景來引領城市重建和經濟發展。毫無疑問柏林具備這些……藝人動態

在其新書《工作新地理》中,恩瑞克·莫萊提(Enrique Moretti)比我說的更明確:“柏林建立良好的發展狀態、粗糲卻有趣的建築和飽經患難的歷史激發了一種實驗感……兩個動物園,三個大歌劇院,七個交響樂團和幾十個博物館……漫步在歷史中心地帶的美麗街道上,你無法不認為這種創新性與生活高品質的獨一無二的結合是難以逾越的Dating
  


Posted by libaby at 16:15Comments(0)life

2014年04月02日

雨夜娘寝心

昔々、ある国に王子さまがおりましたDating Service
 王子さまも年頃で、そろそろ、お妃を迎えたいと思いました。
 けれど王子さまにふさわしいお妃は、本物の完全なお姫さまでなくてはなりません。
 そこで王子さまは、世界中を旅して回り、どこから見ても完全なお姫さまを探しました。
 ところがどのお姫さまも、美人でなかったり、品がなかったりして、どうしても王子さまのお眼鏡にかないません。
 王子さまはがっかりして国へ戻ると、すっかり気持ちが沈んでしまいました。
 そんなある夜の事、ひどい嵐の中を誰かが訪ねてきました。
 城の門を開けると、雨にぐっしょり濡れた一人の娘が立っていました。
 「私は王子さまがお探しになっている、本物の姫です」
 娘がそう言うので、その夜は城に泊めてやることにしました。
 「本当のお姫さまかどうかは、すぐに分かる事ですよ」
 王子さまのお母さんはそう言うと、娘のベッドにちょっとした工夫をしました。
 まず一粒のエンドウ豆を置き、その上に敷布団を二十枚も重ねて、さらに二十枚の羽根布団をかけた上に娘を寝かせたのです。
 次の朝、お母さんは娘に、ベッドの寝心地はどうだったかと尋ねました。
 すると娘は、眠そうな目をこすりながら、
 「せっかくのおもてなしですが、寝心地が悪くて少しも眠れませんでしたわ」と、答えたのです。  


Posted by libaby at 18:23Comments(0)life

2014年02月18日

事務長はぜいたく猫に云ひました

一番書記は、青い表紙の大きな帳面をひらいて答へました。

「ウステラゴメナ、ノバスカイヤ、フサelyze河流域であります。」

事務長はぜいたく猫に云ひました。

「ウステラゴメナ、ノバ………何と云つたかな。」

「ノバスカイヤ。」一番書記とぜいたく猫がいつしよに云ひました


「さう、ノバスカイヤ、それから何!?」

「フサ川。」またぜいたく猫が一番elyze書記といつしよに云つたので、事務長は少しきまり悪さうでした。

「さうさう、フサ川。まああそこらがいいだらうな。」

「で旅行についての注意はどんなものだらう。」

「うん、二番書記、ベーリング地方旅行の注意を述べよ。」

「はつ。」二番書記はじぶんの帳面を繰りました。「夏猫は全然旅行に適せず」するとどういふわけか、この時みんながかま猫の方をじろつと見ました


「冬猫もまた細心の注意を要す。函館付近、馬肉にて釣らるる危険あり。特に黒猫は充分に猫なることを表示しつつ旅行するに非れば、応々黒狐と誤認せられ、本気にて追跡さるることあり。」

「よし、いまの通りだ。貴殿は我輩のやうに黒猫ではないから、まあ大した心配はあるまい。函館で馬肉を警戒するぐらゐのところだ。」

「さう、で、向ふでの有力者はどんなものだらう極速約會。」  


Posted by libaby at 18:10Comments(0)life